<< 出向先で | main | NYCの夏といえば >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.10.18 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

惜しいのに

 私、日本語が(英語もだが)怪しいのでBOOK OFF ニューヨーク店にて
『上品な話し方〜人をひきつけ自分を活かす』を購入。






男性のジッパーが開いている時の上品な言い方
…できるだけ明るい表情で小さな声で





ズボンが故障していますよ





本当かいな?





そんな新しいフレーズを覚えると、さっそく使う機会がないものかと
職場でオマタにばかり目がいってしまう、、、





今日も洒落た言い回しをしようとしてまた失敗。

東京の本社との電話会議。
その道40年(推測)のベテランY氏が、米国側からの報告に
「いや、それはそういうことではなく、こういった背景でそのような処理をしているはずです」
などと、非常に的確に指摘なされる。

感嘆の意を示そうと





Yさんはまさに生き地獄ですね






「、、、、それ違う、生き字引だよ。」





人をひきつけず、自分を活かさず(この際、何も言わないほうが得策)。
一冊の本でそう簡単に変われるものではないのですね。


スポンサーサイト


  • 2010.10.18 Monday
  • -
  • 23:44
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
あいksgjわらぅばかだねえ
  • 2010/03/01 6:58 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座